November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

サイコー、富山まつり

イベント続きの週末、8/5は富山まつりに純粋にお客として参加しました。メインの出し物である○○コイはおいといて、それ以外はとても楽しめました。今回、父親としてのミッションはただひとつ「働く車のはしご車に子供をのせること!」ここ2年、先着順で乗れなかっただけに、今年こそ!との意気込みである。始まる1時間前に到着、数名のスタッフに、はしご車の位置、そして並ぶ場所などを聞き出し、状況を確認しつつカキ氷を食べ待つこと30分、ホコ天になり各働く車が入ってきたところでそのポジションへ進む、すでに10人ほど並んでいたが見事整理番号8番をゲット、割とすんなり使命を果たす。実は高所恐怖症の私、20Mの高さで足がすくむ...長男はぜんぜん平気でしたが、次男は終始無言、やはりチビのほうが俺の血が濃いようです、おっちょこちょいだし。

食事もして、ぼちぼちかえろうかなと思ったら、通りでJTがごみ拾いのボランティアを呼びかけている。子供も疲弊しているし、丁重にお断りしたと思ったら「ほら、お子さんが!」と。見ると長男がゴミ袋とトング?を持っている。汚ねー、てめえら無邪気な子供をだましやがって!!と思ったものの、仕方ないから、あてつけに吸殻のポイ捨てを中心に約20分、これが面白いように拾える。「そこ、吸殻発見!」と指示すると長男が「了解!拾います!」と意外と楽しい、50本は吸殻拾っただろうか。まったく喫煙者のマナーとは。やはりタバコの値段はロンドン並みにするか、もしくはタバコの箱を改良して、吸殻入れとしても使える、新しい箱を買うときは、吸殻20本入ったものと交換のみ、でないと倍の値段でしか買えないみたいなことにしたらいいんじゃない?たのみますよ、日本たばこ産業さま!
しかし、楽しく学ぶ機会を与えてくれたことには感謝です。富山まつり、サイコー。関わったすべてのスタッフにお疲れ様でした。イベントってほんとにいいですね。

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop