April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Here

評価:
Adrian Belew
Plan 9/Caroline
¥ 1,448
(1994-04-22)
来月来県のこの人のこれ、おージェフリンかぁ、とかロイウッドじゃん、とか、そうか行き着くところはムーヴだったかなんて発見。しかし肝がわかっているミュージシャンですね。モダンポップファン、ビートリッシュポップファンも必見ですね。
もちろん現キングクリムゾンとしての何かを見せてくれそうだし、デヴィッドバーン直系のファンク要素もあるし、これはロックファンはみなきゃ。ちょっと高いけど富山で見れるしね。

アーティスト:The Adrian Belew Power Trio
Adrian Belew(Guitar/Vocals)Julie Slick (Bass) Eric Slick (Drums)
コンサートタイトル:Adrian Belew of King Crimson 富山公演
日時:平成19年7月15日(日)開場6:00PM  開演6:30PM
場所:富山県教育文化会館 TEL076-441-8635  FAX.076-441-8184
   〒930-0096 富山市舟橋北町7-1
料金:全席指定 ¥7000  (当日は全席¥500増)
発売日:5月19日(土)10:00〜
プレイガイド:(富山)アーツナビ、インフォマート(富山市民プラザ、cic)、
      フクロヤ(二口店・上飯野店・野村店)、ディスクビート、マックス
       (金沢)ヤマチク109店、レコードジャングル
       チケットぴあ(ファミリーマート・サンクス)Pコード 260-920
       ローソンチケット(Lコード:56296)
企画:BLUE NOTE JAPAN/SMASH EAST
制作:株式会社オレンジ・ヴォイス・ファクトリー
問合:株式会社オレンジ・ヴォイス・ファクトリー076-411-6121

久々にコロムビアサッカーチーム「メルキオーニ」のメンバーと飲む、約10年ぶりという感じですがあんまりみんな変らないなー。すでにコロムビアに席はない人間が7割、それぞれ、お粥の店が人気の経営者、東北でMBOにより経営権を奪取して健全経営に勤しむ家具屋社長、他のレコード会社に行ったもの、もしくは分社して別会社にいる人間、そして俺、みんな苦労を胸に秘めつつ、当時の話題、特に酒と女の話で盛り上がる。おいしい酒でした。

スポンサーサイト

comments

ええ、お久しぶりです。
エイドリアン・ブリューってえと、例のトーキングヘッズを除けば高校時代、ソロ作品「ローン・ライノウ」を聴いたっきりだった(古すぎー!)。ジェフ・リンとかロイ・ウッドとかを連想するほど、あっち系(どっちだ)のポップなのですか?こりゃ聴かないと。
彼らが札幌に来る予定は聞いてないです。残念。

  • わたじゅん
  • 2007/06/07 1:46 PM
   

trackback

pagetop