January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログって楽しい

以前書いたMatsuokaさんのブログ見てたら、
なんとやまがたすみこの「サマーシェイド」の話題が!!私もこれ中学生のころ聴いたNHK−FM「リクエストアワー」にゲスト(当時は各地で別番組、生放送でやってたので富山にきてたのでしょう)に出ている時「夏の光に」聴いて以来のキラーになってました。大学入学で富山を離れるとき、地元の中古屋beatにwantリスト出しておいたら夏の帰省時期に購入できました。わたしも帯び付きLP,ラッキー。子供心に「艶歌とはちがう方法論で哀愁や未練を素敵に表現している」と思ったかは覚えていませんが。

さらにそのMatsuokaさんのTB先で音楽酒場カナさんのこれまたすーごく共感できるブログ発見!ここでは、名古屋、サンプル盤?、トッド、ポール、XTC,ザッパ、スティーリーダン、つのだりょうこ、石川ひとみ、など共通キーワードもあってまたしてもかなりびっくり。

音楽業界にいたころも、レコ屋にいたころもここまで突っ込んで音楽の話できるのは、数人だったしなぁ。まぁ、興味ない方からすれば「ふーん」の一言なんでしょうが、私はなにか運命感じましたよ!you are my destiny

いや、ブログってほんとうにおもしろいですね。また遊びに行きます。

ハード・キャンディ
ハード・キャンディ
ネッド・ドヒニー
夏に涙する1枚、数年前店内演奏したら、その音圧の低さに別の意味で涙しました。紙ジャケ再発のはどうなんでしょう?

スポンサーサイト

comments

こんばんは!さっそく遊びにきました。
わたしのブログを取り上げていただいて感謝です!
こちらもTBさせていただきました。

ネッド・ドヒニーのこのアルバム、わたしも大好きなんですが、確かにCDの音圧低すぎですよね(笑)「IF YOU SHOULD FALL」とか「VALENTINE」とか、携帯プレイヤーに入れてますが、そこだけヴォリューム上げたりしてめんどくさいです。きっと、再発盤はリマスターされてるんでしょうね。

  • カナ
  • 2005/07/27 1:24 AM

こんにちわー。たまに名古屋に行きますので是非本屋さんうかがいたいですねー。店頭演奏で聞いてさすが、とおもったのは達郎さんと大瀧さんのリマスターでした。そしてその音像のすごさにたまげたのはコーネリアスでした。では、また。

cossyhallさん、またまたどうもありがとうございます!再び大々的に取り上げていただいて。というか凄いのはやはりやまがたすみこさんですよね。

>艶歌とはちがう方法論で哀愁や未練を素敵に表現している

正しくこの表現がぴったり当てはまりますね!
またよろしくです!

   

trackback

pagetop