March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

声とギター

ジョアン 声とギター
ジョアン 声とギター

そして22日、そのコーヒーにいそしむ方の自宅でご馳走になりました。センスのある和室で、圧力鍋で炊いたブリ大根(骨までまるごといただけました)、お刺身、そして石川の地酒「池月」でとてもいい気分になりました。話題はかなりヘビーな、でもいろいろ深く考えさせていただけることばかりで、その時流れていた上記CDがまさにピッタリの音楽でした。BGMにはならない、でも決して話題を邪魔しない、むしろ発言を促進させるような、そうかファシリテーションCD!?
でもまさにそんな感じ。私とその方にとって、コーヒーと音楽は過去の鮮烈な記憶やちょっとしたヒントみたいなものを引き出してくれるもの、こころの奥の微妙なところを刺激してくすぐってくれるものですね、なんて合意に達しました。素敵な夜でした。



鼻から抜ける

コーヒーに憑かれた男たち
コーヒーに憑かれた男たち

「縁は異なもの味なもの」といいますが、まさしくそんな感じです。前職場のお客さまだった方から「もか」標さんのコーヒーのことを聴いて試してみましたが、痛快な体験でした。それなりにコーヒーにはうるさいほうだったんですが、即死、参りました。すっーっと鼻から香りが抜けていく、何かがすべての神経をくすぐりながら通り過ぎていく感じ、いままでに経験したことのない感触で、異次元に解脱してしまいました。お客さまは、そのベンチマークに向けて今も試行錯誤中、そんな苦労も知らずに、勝手ながらその過程を微力ながら見守らせていただければと思います。
私も「鼻から抜ける」痛快なコンサルが出来ればと思います。

富山ラーメン&ネスプレッソ

毎日3食じゃなきゃ死ぬ!というほどではないけど本場札幌にいたこともありやっぱり好きです、ラーメン。ラブラブ。ちなみに札幌ラーメン私的NO.1は起平です。もう狸小路にはなかったけど。泣
しかし現在の居住地、富山はどうもラーメン後進県のようでかなりはずれ店も多く、情報も少なかった。富山ぶらっくぅ〜?、全ては認められないしなぁ。そう、親父と最後に交わした言葉も「大○のラーメン食って、どこうまいがんよ?(=息子よ、その店のどこにうまさがあるのですか?)」だったし。あくまで私見ですが。
と思っていたらここのHP見つけて、久々にラーメンフィーバーが再燃しております。富山県のラーメンをお調べの方は重宝しますね。この調査力、構成力には頭が下がります。個人的には2キログラムほど体重が増えたことが判明したばかりなんですが。

一方、本日ちょっとした絡みでネスレさんが展開するネスプレッソシステムのエスプレッソ試飲いたしましたがちょっと感動。本格的エスプレッソがお手軽にご自宅で楽しめます。とはいえ、庶民にはちょっと高嶺の花ですがアッパーミドルの方々は是非。東阪なら有名百貨店に直営ブティックがあり、試飲ができます。こんなものがあれば、ますます外出先でコーヒー飲む意味が薄くなりますね。私、普通のコーヒー淹れるのはそこそこ自信ありますし。喫茶店、本当に行かなくなったな。
1
pagetop